エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

AED標識

 

太陽電池内蔵型コードレスLED標識

目次

視認の問題点 DSP AED標識 特徴 使用条件 用途 メニュー
 
デザインソーラーパネルAED標識とは

デザインソーラーパネルAED標識とは

  • 太陽電池を搭載した構造により、単独で発電するシステムをもつ「コードレス仕様の内照式AED標識」です

  • AED機器の設置場所に関する案内表示板であり、照明発光に必要な電気工事や外部電源への接続をカットしています

  • 夜間帯にも視認性を維持し、緊急時におけるAEDの早期発見および迅速な利用体制を保つためのサポートを行います

 

デザインソーラーパネルとは
 
配線設備が一切不要! AEDの迅速な発見に繋げるための「表示機能の維持」をサポート!

 

彫刻面板
印刷面板
  • 日没後、周囲が暗くなると明暗センサーが感知して自動的に照明を発光します

  • 表示面を明るく照らし出すことにより「AED機器の存在」を外部に示し、アイキャッチを向上します

  • 周囲が暗くなる屋外では識別能力が低下してしまうことから、視認性改善の対策として役立ちます

 

設置事例のご紹介
 

詳細情報と資料のダウンロード

メリット一覧
資料のダウンロード
お問い合わせ
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

AEDの役割と設置における問題点

AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)は、心停止となった状態の心臓に対し、電気ショックを与えて正常な心拍に戻すための「医療機器」を指します。動作が自動化されており、専門知識が無い場合でも、その場に居合わせた人が使用できるようになっています。


電気ショックによる応急措置は時間との勝負であり、成功の可能性は1分ごとに約7〜10%程度低下すると言われています。一刻を争う場合、救急車の到着を待つ間にも命の危険が高まってしまうため、1秒でも早い措置が必要となります。


AEDは不特定多数の人が出入りする駅・空港・イベント会場といった公共施設を中心に広く導入されています。しかし、設置場所や使用方法に関しては一般的な認知が進んでおらず、稼働率が低い点に問題が提起されています。


また、現在普及が進んでいるAEDの設置場所は屋内が多く、施設の営業時間外や深夜帯などは建物の中に入ることができません。AEDが必要となる心疾患などは24時間いつでも起こり得るため、こうした点にも改善が求められています。

↑このページの先頭へ

電源への接続が不要な内照式AED標識

デザインソーラーパネルAED標識

LED標識の構造

- デザインソーラーパネルとは -
  • 製品内に搭載した太陽電池により、日光を受けて発電する構造をもつ「コードレスで光るAED標識」です

  • 蓄えた電力を用いて夜間に照明を点灯することで、1日を通して表示内容の視認性を確保します

  • 都市景観に配慮した構造で導入のハードルを引き下げており、AED機器の使用率向上に貢献します

 
デザインソーラーパネルAED標識の機能

光る標識の機能

  • 太陽電池の機能により「独自発電」を行うため、電気工事や電源確保が必要ありません

  • 特殊な施工や電気設備が不要であり、直射日光の当たる場所へ設置するだけでご使用いただけます

  • 維持メンテナンスは5〜6年に1度、市販の単三式充電池を交換するだけです

 
メリット

夜間に標識が全面点灯し、1日を通してAEDの使用をサポート

 

夜間に標識が全面点灯し、1日を通して緊急時の使用をサポート

AEDの設置場所が一目で判別可能!

  • コンパクトな構造であり、専用BOXやAED機器との併設が容易となっています

  • 周囲が暗い状況でも標識が発光し、位置情報を明確に示します

電気・通信機器との連携(※オプション)

 

電気・通信機器との連携

屋外における電源問題の解決に!

  • 電力供給を行い、外部電子機能との連携を行うことも可能です

  • 使用状態やメンテナンスの通知といったITサービスなどを付加できます

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネルAED標識の特徴

夜間帯や緊急時の目印として
夜間帯や緊急時の目印として
  • 心疾患の緊急事態が発生した場合、一刻を争うケースも想定されるため、AEDを探す時間は最小限に留める必要があります

  • デザインソーラーパネルは独自の発電システムにより、電源設備が無い環境でも発光を維持する機能をもちます

  • 夜間帯であっても、AED機器設置場所までの最短且つ適切な案内が可能となります

↑このページの先頭へ

推奨使用条件

デザインソーラーパネルAED標識の使用条件
点灯時間の例

点灯時間

3〜15時間/日(任意設定)

無日照対応日数

〜5日間(満充電・12時間発光/日)

推奨受光時間

晴れ日に2〜3時間以上

設置の方角

東西南 ※北面設置の場合は別途ご相談ください

 

※できるだけ建物や木などの影に入らない(日照時間が長い)場所をお選びください
※使用条件を満たすことができない場合、「AC電源仕様」のオプションも承っております
※北向きで推奨受光時間を満たすことができない場合、ソーラーパネルを別途設置する「セパレート仕様」のオプションも承っております

 

「晴れの日に2〜3時間以上直射日光が当たる場所」へご設置ください。5日間無日照(雨や雪など)が続いたとしても、2〜3日程度晴天の日があればバッテリー満充電の状態まで回復することが可能です。
※設置環境や天候にて異なる場合がありますので、ご注意ください
※発電シミュレーションの詳細はこちらをご参照ください

 

↑このページの先頭へ

新しい用途でのAED標識活用

新しい用途でのAED標識活用

デザインソーラーパネルの電力をセンサーや通信機器などの「動力源」とすることで、従来まで実現できなかった新しい用途でのAED標識活用が可能となります。

DSPソリューション

 

電力源としての使用用途例
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル標識の用途例

バス停
バス停
喫煙所
喫煙所
AED
AED
不法投棄
不法投棄
セキュリティ
監視カメラ
車止め
車止め
パーキング
パーキング
鉄道
鉄道
マップ・案内板
マップ・案内板
トイレ
トイレ
緊急連絡
緊急連絡
ゴミ箱
ゴミ箱
↑このページの先頭へ
標識 - ラインナップ
大きさから選ぶ(彫刻面板) ※単位:mm
SLB-S04
SLB-S04

387*387*D40

SLB-S6036
SLB-S6036

634*379*D40

SLB-S10040
SLB-S10040

1027*447*D40

大きさから選ぶ(印刷面板) ※単位:mm
SLB-S04C
SLB-S04C

387*387*D40

SLB-S6036C
SLB-S6036C

634*379*D40

SLB-S10040C
SLB-S10040C

1027*447*D40

サイン・看板への組み込み
SLB-
S01/C-KU
SLB-S01C-KU
SLB-
S04/C-KU
SLB-S04C-KU
SLB-
S6306/C-KU
SLB-S6306C-KU

メニュー

デザインソーラーパネルAED標識
に関するお問い合わせ
リモートショールームのご案内

リモートショールームのご案内

 
お問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ