エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

工事とクリーンエネルギー

 

ソーラーパネル内蔵のLED工事看板

 
目次

クリーンエネルギーとは 工事における環境問題と対策 課題解決 メニュー
 
工事とクリーンエネルギー

  • 昨今、環境保護への意識の高まりに伴い、工事や建設の現場においても「クリーンエネルギー」の活用が進められています

  • 二酸化炭素の排出量削減をはじめとする環境負荷の低減は、工事関連の事業において注目度が高くなっている項目です

  • このページでは、クリーンエネルギーに関する基礎知識とともに、その使われ方を詳しくご紹介しています

クリーンエネルギーの特徴

太陽光発電

 

クリーンエネルギーとは

クリーンエネルギーとは、地球温暖化の主な原因とされている二酸化炭素窒素酸化物などを排出しない電力源のことをいいます。環境負荷が小さく、地球にやさしいエネルギーであるため「クリーン」という呼び名が付けられており、主な発電方法には、太陽光発電・風力発電・水力発電といった自然資源を活用するものがあります。


一方で、「原子力発電」は化石燃料を使用せず二酸化炭素を排出しないものの、電力生成時に放射能を含む物質を生み出してしまうことからクリーンエネルギーには定義されません。近年において、クリーンエネルギーが注目されているのには、以下の3つの理由があります。

 
地球環境に対する配慮

一つ目は、よく知られているように「地球環境」に対する配慮のためです。地球の平均気温は1900年からの100年間でおよそ0.7度も上昇しており、自然や生態系への悪影響も多数報告されています。また、近年多発している異常気象の原因のひとつであるとも考えられています。


地球温暖化や大気汚染の進行を阻止するためには、現代社会において必要不可欠である「電力」の生成をクリーン化することが重要とされます。後世へ負の財産を残さないためにも、人々の努力によって環境保護の取り組みを促進していく必要があります。

 
安全性の向上

二つ目は、安全性の向上です。ここで言う「安全性」には、事故などの物理的な損害だけでなく、社会情勢や輸入摩擦といったリスクを回避する意味合いも含まれています。自然エネルギーの割合が大きくなれば、その分だけ他国からの原料調達依存度が減少し、国内での電力生成が可能となります。


中東情勢など、国際問題により人々の生活に経済的な悪影響が生まれるリスクを最小限に抑えることができるため、エネルギー安全保障の観点からも重要性が高まっています。

 
新しい分野の市場開拓

三つ目は、新しい分野の市場開拓です。新しい発電方法に焦点が当てられ、研究開発が進められたり関連市場が広がっていくことにより「経済の活性化」が期待できます。経済の発展が進めば、新しい雇用の創出を生み出し、人々の生活水準向上やライフスタイルの多様化に繋がります。

↑このページの先頭へ

工事における環境問題と対策

工事における環境問題と対策

 

環境問題

「工事」と「環境問題」は関連性が高いとされています。多くの建造物は鉄やコンクリートといった資材を用いて建築されており、どうしても自然とは相容れない部分が発生してしまいます。また、廃棄物や重機の動作によっても環境面で悪影響が出てしまう事実は否めません。


そうした中で、現在では多くの企業でクリーン化の取り組みが加速しています。調査技術の発展により「汚染状況の的確な把握」が可能となり、環境性の高さを測定して数値評価できるようになったためです。廃棄物を最小限に抑えた構造設計、省エネ機器を利用した二酸化炭素排出量の削減、資材のリユースなど、工事の種類と分野により多数の手法が採用されています。

 
環境保全への取り組み

一昔前は、こうした環境保全の取り組みよりも効率や合理性の最大化を目指した工事が行われることが珍しくありませんでした。しかし、経済の成長過程を経て企業の社会的責任を問う声や人々の意識向上が進み、環境問題への取り組みは非常に重要な事柄として捉えられるようになりました。


実際に、工事の評価や補助金の対象にも「環境保全への取り組み」がポイントとして課されることは珍しくなく、今後一層の発展が期待されています。

↑このページの先頭へ

クリーンエネルギーによるソリューション

防災用ピクトグラムのデザインと意味

 

工事現場の電源として

工事でクリーンエネルギーが使用される場面は数多くあります。最も一般的に見かけるのが照明用の電気設備です。照明は夜間の作業や注意喚起に必要となりますが、電力を使用するため「外部バッテリー」が必要となります。バッテリーへの接続コストや配線コードをカットできることから、太陽光・風力などを利用した照明製品が続々と登場しました。


加えて、大容量バッテリーや太陽電池の高効率化に伴い、作業施設や簡易トイレなどの大きな電力源として使用されるケースも徐々に見られるようになっています。しかし、クリーンエネルギーは自然環境に左右される特徴があるため、工事現場の主電源として利用される機会は未だ限られています。


技術面やコスト面など問題は数多くありますが、今後、更なる活躍の場が広がることが期待されています。

↑このページの先頭へ

工事看板 - ラインナップ

大きさから選ぶ(彫刻面板) ※単位:mm
SLB-S04
SLB-S04

387*387*D40

SLB-S6036
SLB-S10040

634*379*D40

SLB-S10040
SLB-S10040

1027*447*D40

大きさから選ぶ(印刷面板) ※単位:mm
SLB-S04C
SLB-S04C

387*387*D40

SLB-S6036C
SLB-S6036C

634*379*D40

SLB-S10040C
SLB-S10040C

1027*447*D40

メニュー

デザインソーラーパネル工事看板
に関するお問い合わせ
リモートショールームのご案内

リモートショールームのご案内

 
お問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ