エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

立入禁止看板

 

ソーラーパネル内蔵のLED工事看板

 
目次

役割と問題 DSP立入禁止看板 特徴 使用条件 用途 メニュー
 
デザインソーラーパネル立入禁止看板とは

  • 表示面の内部に太陽電池を搭載した構造をもち、独自に発電を行う「コードレスLED立入禁止看板」です

  • 電源確保が困難な場所でも、コストの掛かる電気工事を行うことなく夜間のライトアップが可能です

  • 自然保護区や危険地域といった場所への侵入対策として用いられます

 

デザインソーラーパネルとは
 
看板のライトアップにより、昼夜を通して表示内容の高い視認性を維持!

 

デザインソーラーパネルとは
点灯の様子
  • 日没後、センサーが周囲の明るさを感知して照明を発光し、表示面をライトアップします

  • タイマー設定により消灯するため、動作の「完全自動化」を実現しています

  • 人手管理が困難な場所や区域での情報発信ツールとして役立ちます

 

設置事例のご紹介
 

詳細情報と資料のダウンロード

メリット一覧
資料のダウンロード
お問い合わせ
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

立入禁止看板の役割と問題点

立入禁止看板の役割と問題点

立入禁止看板とは、自然環境保護区・工事現場・危険区域といった場所に設置される「安全対策の表示板」です。関係者以外の侵入による事故や事件を未然に防ぐための対策として、フェンス/ロープといった保安設備と連携して役割を果たします。主に、侵入禁止を示すピクトサインや警告文などがデザインとして表示されます。


一方、屋外の立入禁止区域には「電源が引かれていない場所」が多くあり、夜間帯の対策が不十分であるという指摘も少なくありません。近くに照明灯が無い場合、日が落ちると看板の見落としや警告効力の低下に繋がります。侵入の結果として犯罪行為や事故が発生するケースも多いため、視認性改善の対策が求められています。

↑このページの先頭へ

太陽光発電により点灯する立入禁止看板

デザインソーラーパネル立入禁止看板

デザインソーラーパネル立入禁止看板の構造

- デザインソーラーパネルとは -
  • 製品に搭載した太陽電池により、日光を受けて発電する機能をもつ「コードレスLED立入禁止看板」です

  • 夜間に照明を点灯することで、1日を通して表示内容の視認性を確保します

  • 立入禁止区域への不法な侵入を防止し、生態系の保全および事故の予防に貢献します

 
デザインソーラーパネル立入禁止看板の機能

電源不要で光る立入禁止看板の機能

  • 看板自体が独自に発電を行い、生成した電力をバッテリーに蓄電します

  • 夜になると、蓄えたエネルギーでLED照明を点灯します

  • 環境性に優れた再生可能エネルギーを利用しているため、省エネ化を促進する効果も併せもちます

 
メリット

日没後に看板が全面発光し、夜間の侵入防止対策を徹底

 

日没後に看板が全面発光し、夜間の侵入防止対策を徹底

照明を自動的にコントロール!

  • 制御装置により照明の発光を自動的にコントロールします

  • 人手を介することなく、無人での稼働を可能にしています

太陽光発電システムと看板の新しい組み合わせ

 

太陽光発電システムと看板の新しい組み合わせ

看板の内部にソーラーパネルを収納!

  • 垂直角度での取付けに対応しています

  • ゴミの蓄積や動物の糞の付着といった発電への悪影響を回避しています

  • パネル受光面が露出せず、周囲の景観に与える影響を最小限に抑えます

簡単・安価な維持メンテナンス

 

簡単・安価な維持メンテナンス

簡単な電池交換が可能!

  • バッテリーには市販の単三充電池を使用しています

  • 専門知識などが要らない簡単なメンテナンスを実現しています

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル立入禁止看板の特徴

電源設備の無い場所でも、看板の点灯が可能
夜間に発光する立入禁止看板   立ち入り禁止区域   自転車浸入禁止

 

  • 外部からの電力供給を施すことなく照明を点灯できるため、立入禁止区域における「夜間の侵入対策」として活躍します

  • 既存のフェンスや支柱などにも取付けることができ、直射日光の当たる場所であれば配線制限の無い自由な設置が可能です

  • 取付け作業のみで、簡単且つ迅速な導入を実現しています

 
夜間の危険性が高い場所での安全対策

夜間の危険性が高い場所での安全対策

  • 海岸・漁港など、観光客や釣り人が夜間に訪れる場所は「水難事故」が起こり得るため、専用の安全対策が必要となります

  • 特に、街灯が少なく暗くなりがちな場所においては、照明の整備が求められます

  • デザインソーラーパネルは景観への影響を最小限に抑え、観光地や沿岸公園でも導入しやすい意匠性を備えています

↑このページの先頭へ

推奨使用条件

デザインソーラーパネル立ち入り禁止看板の使用条件
点灯時間の例

点灯時間

3〜15時間/日(任意設定)

無日照対応日数

〜5日間(満充電・12時間発光/日)

推奨受光時間

晴れ日に2〜3時間以上

設置の方角

東西南 ※北面設置の場合は別途ご相談ください

 

※できるだけ建物や木などの影に入らない(日照時間が長い)場所をお選びください
※使用条件を満たすことができない場合、「AC電源仕様」のオプションも承っております
※北向きで推奨受光時間を満たすことができない場合、ソーラーパネルを別途設置する「セパレート仕様」のオプションも承っております

 

「晴れの日に2〜3時間以上直射日光が当たる場所」へご設置ください。5日間無日照(雨や雪など)が続いたとしても、2〜3日程度晴天の日があればバッテリー満充電の状態まで回復することが可能です。
※設置環境や天候にて異なる場合がありますので、ご注意ください
※発電シミュレーションの詳細はこちらをご参照ください

 

↑このページの先頭へ

新しい用途での立入禁止看板活用

新しい用途での立ち入り禁止看板活用

デザインソーラーパネルの電力をセンサーや通信機器などの「動力源」とすることで、従来まで実現できなかった新しい用途での侵入防止対策が可能となります。

DSPソリューション

 

用途例1:警報機・音声警告の作動
警報機・音声警告の作動
  • 立入禁止区域への侵入を未然に防止するため、センサーにより人の通行をキャッチする機能を追加できます

  • 警報機・音声警告を発したり看板照明を点滅するといった「強いシグナル」を発信します

  • 注目を集めるシグナルにより、更に高いレベルの注意喚起が可能となります

 
用途例2:不法侵入者の写真撮影
不法侵入者の写真撮影
  • 防犯カメラを搭載することで、立入禁止エリアにおける不法侵入者を感知して「写真や動画の撮影」を行うシステムです

  • カメラやセキュリティの存在を認識させ、不法行為を未然に防ぐための警告として看板を活用できます

↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル工事看板の用途例

工事注意
工事注意
交通誘導
交通誘導
立ち入り禁止
立ち入り禁止
危険・警告
危険・警告
仮囲い・ゲート
仮囲い・ゲート
安全保安
安全保安
仮歩道
仮歩道
車両規制
車両規制
↑このページの先頭へ
工事看板 - ラインナップ
大きさから選ぶ(彫刻面板) ※単位:mm
SLB-S04
SLB-S04

387*387*D40

SLB-S6036
SLB-S10040

634*379*D40

SLB-S10040
SLB-S10040

1027*447*D40

大きさから選ぶ(印刷面板) ※単位:mm
SLB-S04C
SLB-S04C

387*387*D40

SLB-S6036C
SLB-S6036C

634*379*D40

SLB-S10040C
SLB-S10040C

1027*447*D40

メニュー

デザインソーラーパネル立入禁止看板
に関するお問い合わせ

リモートショールームのご案内

リモートショールームのご案内

 
お問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ