エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

橋・トンネル銘板

 

太陽電池内蔵型コードレスLED銘板

目次

役割 DSP橋・トンネル銘板 特徴 使用条件 用途 メニュー
 
デザインソーラーパネル橋・トンネル銘板とは

デザインソーラーパネル橋・トンネル銘板とは

  • ソーラーパネルを搭載した多層構造を備え、独自のエネルギー生成機能をもつ「内照式の橋・トンネル銘板」です

  • 橋・トンネルの名称を示す銘板を夜間にライトアップし、昼夜に渡って視認性を維持します

  • 電気工事や配線設備が不要となっており、導入のコストを削減しています

 

デザインソーラーパネルとは
 
電気工事・配線設備不要で利用可能な「独自の発電システム」を搭載!

 

デザインソーラーパネル銘板とは
点灯の様子
  • 日没後における橋・トンネル銘板の点灯表示を実現しています

  • 周囲の明るさを感知するセンサーおよびタイマーの働きにより、自動的に照明のON/OFFを切り替えます

  • 太陽光発電によるクリーンエネルギーの活用により、環境保護活動の推進にも役立ちます

 

設置事例のご紹介
 

詳細情報と資料のダウンロード

メリット一覧
資料のダウンロード
お問い合わせ
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

橋・トンネル銘板の役割

橋・トンネル銘板

橋梁やトンネルの銘板には、建造物の名前や完成した年月といった情報が記されます。表示基準などは特に存在せず、自由にデザインが施されています。施工者や工事方法などが併せて示されるケースもあり、修繕時の確認に役立つとされています。従来は、銅や真鍮を素材とした「重厚感のある外観」の銘板がほとんどでしたが、近年では、地方の観光地化といった街づくりの発展もあり、周囲の景観に合わせてお洒落なデザインや配色を取り込んだり、形状や素材にも独自性が見られるようになりました。

↑このページの先頭へ

電源不要で点灯する橋・トンネル銘板

デザインソーラーパネル橋・トンネル銘板

橋・トンネル銘板銘板の構造

- デザインソーラーパネルとは -
  • 内蔵した太陽電池によりエネルギーを生成し、夜間に表示面を照らす「コードレス内照式の橋・トンネル銘板」です

  • 屋外において、配電工事が困難な環境下であっても、取付け作業のみで「光る銘板」をご設置いただけます

  • 単独で電力を賄い消費する循環型供給システムにより、地産地消の省エネ活動を進めることができます

 
デザインソーラーパネル 橋・トンネル銘板の機能
光る公園銘板の機能
  • 銘板自体が日光を受けて発電を行い、独自に電気エネルギーを生成します

  • 生み出した電力は、内部バッテリーに蓄電されます

  • 蓄えた電力により、夜間に銘板をライトアップする照明の消費電力を賄います

 
メリット

照明機器の導入費用を最小限に

 

電気工事も配線設備も一切不要!

  • コードレスで機能するため、諸費用のかかる電気工事を削減できます

  • 周囲が暗くなると自動的にLEDが点灯します

簡単・安価な維持メンテナンス

 

簡単・安価な維持メンテナンス

太陽光発電で日々の電気代を無料に!

  • 再生可能エネルギーの利用により、ランニングコストを最小限に抑えています

  • バッテリーは市販の単三蓄電池をおよそ5年に1度交換するだけで完了です

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル橋・トンネル銘板の特徴

日没後における橋・トンネル名の表示

 

  • デザインソーラーパネルは配線設備や電気工事を施すことなく、夜間に銘板をライトアップすることが可能です

  • 周囲が暗くなる夜間帯でも見えやすく、橋・トンネルにおける表示機能を向上します

  • 日々の電気料金が不要であり、メンテナンスは5〜6年に1度バッテリーを交換するだけで済みます

 
橋梁やトンネルの修繕計画における交通量データ取得(※オプション)

橋やトンネルの修繕計画における交通量データ取得

  • 全国約73万橋の橋梁のうち、建設後50年を経過した橋梁の割合は、10年後には40%以上に増加するとされています

  • 同様に、トンネルも約1万本のうち30%超となります

  • 補修計画の情報として交通量などを調査する際、屋外での「電源確保」が問題になることも少なくありません

  • デザインソーラーパネルの導入により、独自に得た電力をデータ収集機器に供給し、問題解決に役立てることが可能です

↑このページの先頭へ

推奨使用条件

デザインソーラーパネル橋・トンネル銘板の使用条件
点灯時間の例

点灯時間

3〜15時間/日(任意設定)

無日照対応日数

〜5日間(満充電・12時間発光/日)

推奨受光時間

晴れ日に2〜3時間以上

設置の方角

東西南 ※北面設置の場合は別途ご相談ください

 

※できるだけ建物や木などの影に入らない(日照時間が長い)場所をお選びください
※使用条件を満たすことができない場合、「AC電源仕様」のオプションも承っております
※北向きで推奨受光時間を満たすことができない場合、ソーラーパネルを別途設置する「セパレート仕様」のオプションも承っております

 

「晴れの日に2〜3時間以上直射日光が当たる場所」へご設置ください。5日間無日照(雨や雪など)が続いたとしても、2〜3日程度晴天の日があればバッテリー満充電の状態まで回復することが可能です。
※設置環境や天候にて異なる場合がありますので、ご注意ください
※発電シミュレーションの詳細はこちらをご参照ください

 

↑このページの先頭へ

新しい用途での橋・トンネル銘板活用

新しい用途での橋・トンネル銘板活用

デザインソーラーパネルが発電した電力を電子機器へ供給することで、橋・トンネル銘板に機能性を加えられます。従来とは異なる「電源を備えた銘板」の利用により、修繕管理サービスなどの提供が可能となり、新しい価値を生み出します。

DSPソリューション

 

用途例1:照明(ライティング)
公衆無線LANスポット
  • 橋梁やトンネルの銘板に人感センサーを備え付け、人の通行を感知してライトを灯します

  • 夜間に照明を点灯することで、街灯の導入が困難な場所でも「歩行者の通行」を安全にサポートできます

  • 照明の数を増やし、タウンセキュリティの強化にも貢献します

 
用途例2:修繕データ収集
修繕データ収集
  • インフラの状態を、センサーの利用により数値情報化して把握できます

  • 橋やトンネルにおけるひずみ量や振動量を日常的に測定し続けることで数値の比較が可能となります

  • 建造物の負荷や疲労といった異変が生じた際の早期発見に繋げられます

↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル銘板の用途例

ビル
ビル
工場
工場
マンション・アパート
マンション・アパート
公園
公園
橋・トンネル
橋・トンネル
医療・福祉
医療・福祉
学校・幼稚園
学校・幼稚園
各種施設
屋外施設
ホテル・旅館
ホテル・旅館
店舗・ショップ
店舗
オフィス・事務所
事務所
案内板
案内板
↑このページの先頭へ
銘板 - ラインナップ
小型サイズ(※単位:mm)
SBDN-
S01
SBDN-S01 シルバーフレーム

202*198*D37

SBDN-
S02
SBDN-S02

450*100*D37

中型サイズ(※単位:mm)
SBDN-
S04
SBDN-S04

387*387*D40

SBDN-
S6036
SBDN-S6036

634*379*D40

SBDN-
S10040
SBDN-S10040

1027*447*D40

大型サイズ(※単位:mm)
SBDN12-
S10050
SBDN12-S10050

1016*536*D40

SBDN12-
S20050
SBDN12-S20050

1996*536*D40

メニュー

デザインソーラーパネル 橋・トンネル銘板
に関するお問い合わせ

リモートショールームのご案内

リモートショールームのご案内

 
お問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ