エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページ ≫ 銘板特集

銘板特集

銘板特集 設置する意味

 

工場の銘板

「銘板」とは、建築物の名称や建造物の定礎・規格といった各種仕様を示す表示板であり、プレートやネームタグとも呼ばれます。建物の出入り口やエントランスに備え付けられることが多く、情報提供としても重要な役割をもちます。

目次

素材 購入と取付け 活用 課題点 光る銘板 メニュー
 
銘板の用途と種類

銘板の用途と種類

銘板と一口に呼ばれますが、使用用途により「工業銘板」「館銘板」「案内銘板」など様々な種類があり、素材やサイズ、価格なども大きく異なっています。このページでは、銘板の基本情報や選択にあたって注意すべき点についてまとめています。

銘板に用いられる素材

銘板に用いられる素材

銘板には、学校の教室や会議室などの扉の上部に備え付けられる「小さなプレート」から、企業名・工場名・建築定礎など遠方からも確認できる「大きな表示板」まで、目的に応じて多様な種類・素材が存在します。それぞれの特徴を理解して、正しい銘板選びにお役立てください。

 

アルミ
 
ステンレス
 
アクリル
 
塩ビ
 
木材
↑このページの先頭へ

銘板の購入と取付け

銘板の購入と取付け

 

銘板の購入方法

銘板を取り扱っている企業・店舗は多く存在します。外構業の工務店、エクステリアの小売店、不動産関連会社、工事用品販売会社などで販売されています。また、インターネットが普及したことからメーカーより直接購入するケースも増えています。


販売網は多岐に渡りますが、複数のメーカーの商品を掲載したカタログなどを参照して選択するのが一般的な購入方法です。銘板はどこで買っても同じようなものだと思われがちですが、製造方法や仕様により品質・耐久性・価格など大きく差があります。


最近では、形状や機能の面で特徴のある製品が次々と生み出されており、購入時の選択肢が広がっています。

 
銘板の設置場所

銘板は案内の役割を果たすため、目につきやすい場所へ設置されます。建築物の場合はその出入り口玄関が最も一般的です。トンネルや橋といった公共財では、その名称が分かるように通行方向のフロント部分に取り付けられ、観光資源や文化財では対象物に隣接する形で備えられます。

↑このページの先頭へ

これからの銘板活用

これからの銘板

 

公共性の高まり

銘板市場そのものは変化の少ない分野です。しかし、銘板は公共性の高い施設や場所に掲げられることも多いため、使用側の社会変化に伴ってその活用方法や目的が移り変わります。


例えば、学校や公園は、日常において子供の学習・遊び場となる場所ですが、災害時には避難所として利用されたり、地域行事の会場となるなど、様々な形で活用されます。こうした中で、銘板は地域の中に埋め込まれた施設や場所を住民の方々に分かりやすく示す役割を担います。


具体的には、より目に付きやすい形状・機能を備えたり、外国人でも理解できるように英語のサブ文字を表示するなど、ニーズを上手く汲み取った銘板の導入が必要とされます。

 
データ収集とソリューション

近年、通信環境が整備され、あらゆる機器がインターネットに繋がる「IoT」の動きが活発になっています。銘板がインターネットに繋がるようになれば、様々な情報の収集やサービスの提供で人々の生活をより便利にする新しい価値を生み出せます。


例えば、銘板の前を通りかかった「人数の把握」が挙げられます。何時にどれくらいの人が集まったのかというデータを手に入れることができれば、企業や店舗の販売戦略を合理化したり、防災活動/公園運営といった行政サービスの効率化にも繋げられます。


次世代の銘板として、このようなITソリューションを応用した製品も誕生しつつあります。ライフスタイルの変化に合わせて、活用の幅が広がっていくと予測されています。

↑このページの先頭へ
銘板の課題点

課題となるポイント

 

盗難

近年、橋梁を主として金属資材の銘板が盗難被害に遭う事件が全国で発生しています。真鍮や青銅を素材としているプレートは、金属品として海外などに転売できるため、狙われるケースが多くなっているようです。


盗難防止策を施していないボルト等の固定方法にも問題はありますが、バールで無理やりに剥がし取られる被害も発生しており、防犯カメラの導入や見回りの強化といった対策が急がれています。

 
安全性

安全面に関しても、建造物の老朽化と共に銘板も設置後の年数を重ねている現実があります。経年劣化による安全対策の綻びに注意する必要があります。特に、金属を素材とした銘板は重量があるため、落下した場合など非常に危険とされています。


銘板本体はもちろんのこと、取付治具にも錆や劣化の影響が出てくるため、安全面での定期検査および部品のリニューアルが求められます。

 
視認性

日没後に表示が見えなくなり、視認性を失ってしまう課題も残されています。銘板自身は電気系統をもたないため、夜間帯の照明には外部電源が必要となります。付近から電力を引ける環境であれば問題ありませんが、それ以外の場所では夜間の視認を諦めるか外部からの電源整備を整えなければなりません。

↑このページの先頭へ
夜間に光る銘板の登場

 

昨今、日没後の視認性問題を解決するため、「照明機能を有した銘板」が次々に登場しています。内照式看板のように導光板で全面を光らせるタイプや彫刻された文字・デザイン部分のみを発光させるシンプルなタイプなど、その構造も多様化しています。当社では、太陽電池を銘板に内蔵することで電源問題を解決した、独自構発電造の製品「デザインソーラーパネル」を取り扱っています。

↑このページの先頭へ

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED銘板

 

銘板に関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ