エコフューチャー株式会社
 
トップページ製品ラインナップ設置事例ソリューションお問い合わせ会社概要

ソーラー式人感センサー

 
ソーラー式人感センサー
 
- 目次 -

DSPとセンサー 人感センサー 構成 用途 ソリューション
 
- デザインソーラーパネルと人感センサー -

太陽電池内蔵型表示板「デザインソーラーパネル(DSP)」が独自に発電した電力を使用し、人感センサーおよび照明や音声、パトランプなどの「アウトプット機能」を稼動させます。表示板と人感センサーを組み合わせた製品となっており、電気工事や配線設備を省き、簡単な取付け作業のみでの導入を実現しています。

 
▼お見積り・資料のご請求
 
無料お見積りはこちら   資料のご請求はこちら
 
↑このページの先頭へ
 

デザインソーラーパネルと人感センサーの組み合わせ

デザインソーラーパネルとセンサーの組み合わせ
 

デザインソーラーパネルは、「太陽光パネルを内蔵した表示板製品」です。全ての構成部材が一体化されたオールインワン構造で、外部電源を別途準備したり電気工事を施す必要がありません。発電・蓄電機能を備えた表示板として、電源確保が困難な屋外の環境下でも人感センサーおよび電子機器を作動させます。

 
ソーラー式人感センサーのメリット
 
  • 独自発電により、電気設備が備わっていない場所でも使用可能です

  • 維持管理は5〜6年に1度、市販の単三蓄電池を交換するだけとなっています

  • ソーラーパネルを表示板内部に搭載しており、限られたスペースでも発電が可能です

  • 電気工事や配線設備が不要であり、簡単で迅速な導入を実現します

 
↑このページの先頭へ
 

人感センサーとは

人感センサーが用いられる場面
 
人感センサーが用いられる場面
 

人感センサーとは、赤外線、超音波、可視光などを用いて「人間の存在」を検知する機能をもつ装置です。仕組みが簡単で誤作動なども起こりにくいことから、自動ドアを中心とした入場ゲートや照明機器の節電、公共施設および工事現場の防犯・安全対策といった多様な場面で使用されています。

 
表示板と人感センサー
 
表示板と人感センサー
 

看板や標識などの表示板と人感センサーには、一見何の関係も無いように見えます。しかし、情報の発信力を高めるために、人感センサーは効果的な役割を果たします。例えば、安全対策が重視される工場・工事・警備などの現場では、人の動きに対する注意が必要となります。そうした際に、人を感知して表示板の視認性を高めたり、誘導案内を目立たせるといった施策が役立ちます。

 
↑このページの先頭へ
 

ソーラー式人感センサーの構成例

ソーラー式人感センサーの構成例
 

独自に発電したエネルギーを「センサー」および「アウトプット機器」に供給します。例えば、人を感知した際に表示板を発光させることで、視認性を向上したり、注目を集めることが可能です。主に、接続機器には「注意喚起」の機能をもつ電子機器が用いられ、お客様の用途に応じて使い分けられます。

 
照明

人を感知した際にスポットライトを発光させたり、表示板の照明を点灯させます。視覚的な効力が高いため、注意を引きやすく、指示や案内の確認を促します。

 
ブザー/サイレン

人を感知した際にブザーやサイレンといった警告音を鳴らし、聴覚に注意を訴えかけます。細かい指示案内を行う場合は、音声アナウンスなどが使用されます。

 
パトランプ

人を感知した際にパトランプを作動させます。強く注意を示すことが可能であり、昼間でも見やすいため、主に駐車場や工事現場などで用いられています。

 
↑このページの先頭へ
 

ソーラー式人感センサーの用途

ソーラー式人感センサーの用途

デザインソーラーパネルは、看板や標識といった表示板を「電力の供給源」として活用するための独自構造を有しています。蓄えたエネルギーにより人感センサーと接続機器を連動させることで、安全面の向上に貢献します。

 
用途例1:工場
 
工場  

工場では危険物や特殊機械などの取り扱いも多く、徹底した注意・管理が求められます。防護服やマスクの着用が必要な作業区域では、入場前に用具の不足がないかどうかをチェックしなければなりません。こうした際、人感センサーを利用することで標識に自然と目が行くように目立たせる工夫(照明・ブザーなど)が役立ちます。

 
用途例2:工事現場
 
工事現場  

工事現場は通行人と隣り合わせになることが予想されるため、人の行き来に配慮しなければなりません。事故を起こすことがないよう人感センサーにより人の存在を捉え、安全面のサポートを行います。例えば、通行人を感知した際にライトの点滅でスタッフに知らせる仕組みや足元を灯らし歩道を見やすくするといった対策が可能です。

 
用途例3:立入禁止区域
 
立入禁止区域  

一般人の立ち入りが制限されている場所では、安全対策のために表示板が用いられます。しかし、無人管理の区域では目が行き届かず、不法侵入に悩むことも少なくありません。こうした際に、人感センサーを用いて「人の感知」を信号として管理人に発信したり、表示板の発光や警報で立入制限を警告するなどのシステム構築ができます。

 
↑このページの先頭へ
 

デザインソーラーパネル ソリューションのご提案

無線LANアクセスポイント
 
セキュリティカメラ
 
見守りシステム
 
情報発信
無線LANスポット   セキュリティカメラ   見守りシステム   情報発信
 
遭難防止システム
 
データ収集
 
人感センサー
 
情報発信
遭難防止システム   データ収集   感震センサー   人感センサー
 

ソーラー式人感センサーに関するお問い合わせ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板
 
無料お見積りはこちら   資料のご請求はこちら
 
お問い合わせフォーム WEBでのお問い合わせ
 
↑このページの先頭へ
 
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
  CDSP LEDボード LEDライトパネル 遭難防止システム メディア掲載  
  DSP表札専門オンラインショップ   データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.