エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

ソーラー式屋外無線LANアクセスポイント

屋外無線LAN

目次

DSPと無線LAN 屋外無線LAN 構成 電源確保 ソリューション
 
デザインソーラーパネルと屋外無線LAN

太陽電池内蔵型表示板「デザインソーラーパネル(DSP)」が発電した電力を使用し、無線LANアクセスポイントを稼動させます。屋外において電力供給が困難な環境でも、電気引込み工事を行うことなく、設置作業のみで無線ネットワーク環境を構築できます。表示板との組み合わせで、周囲の景観に配慮した導入が可能です。

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネルと屋外無線LAN
の組み合わせ

デザインソーラーパネルと屋外無線LANの組み合わせ
デザインソーラーパネルは、看板など街中でよく見られる表示板を「電力の供給源」として活用するための独自構造を備えています。製品内部に太陽光パネルを搭載しており、限られたスペースでも使用できます。お客様のニーズや設置環境に合わせてシステムをカスタマイズし、最適なパッケージをご提案いたします。

 

ソーラー式屋外無線LANのメリット
↑このページの先頭へ

屋外無線LANとは

使用機器と電力確保

使用機器と電力確保

無線LANとは、ネットワーク接続に対応した機器を「ワイヤレスでインターネットに繋げる技術」をいいます。インターネット接続を行うためには、通信回線やモデムといった機器・サービスが必要となります。無線LANスポットを屋外で展開する場合はルーターやアクセスポイントを準備する必要があり、そのための電源確保も必須となります。
 
外国人観光客が抱える無料Wi-Fi環境への不満
外国人観光客が抱える無料Wi-Fi環境への不満
2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピックの開催を控え、訪日外国人観光客はますます増加する傾向にあります。一方で、30%以上の訪日外国人観光客が、無料の公衆無線LAN環境が十分でないと感じています。コミュニケーションや目的地までの経路情報など、観光に必要な情報を取得しづらい点にも課題があります。
↑このページの先頭へ

屋外無線LANアクセスポイントの構成例

屋外無線LANアクセスポイントの構成例
光回線などのブロードバンドが提供するベースステーション(BS)から、アクセスポイント機能(AP)搭載のデザインソーラーパネルへ、無線ネットワークの中継を行います。観光地のフリーWi-Fi化や防災拠点の通信整備、屋外インフラにおける無線LANスポットの導入に関して、用途に適したネットワーク構成をご提案します

 

メッシュ型(アドホック)

メッシュ型とは、AP同士の通信によって別のAPを経由しながら無線LANネットワークを構築していく接続形態のことです。エリア(面)での展開が可能であり、広い範囲をまとめて整備する場合に最適な方法です。ひとつのAPが使用不可になっても別ルートで自動構築されるため、接続の信頼度が高いといったメリットがあります。

 
WDS型(インフラストラクチャ)

WDS型とは、AP同士の通信によって別のAP(ブリッジ)を経由しながら「1:多」の通信モードで無線LANネットワークを構築していく接続形態のことです。スポット(点)での展開が可能であり、狙った場所だけを整備する場合に最適な方法です。ブリッジを介することで電波の伝送距離が長くなり、最小限のコストでAP構築が可能です。

 
モバイル回線の利用
全国に張り巡らされた携帯電話回線を利用して、公衆無線Wi-Fiスポットを展開する方法です。携帯電話回線として有名な「3G」や広域無線網である「4G」の他、最近では価格面で大きなメリットのある「格安SIM」などを用いたサービスも増加しています。設置場所の自由度が高く、通信速度が安定する点が特徴です。
↑このページの先頭へ

屋外無線LANの電源確保

屋外無線LANの電源確保
独自発電したエネルギーにより通信機器の消費電力を賄うため、電気工事や配線工事を施す必要がありません。導入コストの削減となり、施工期間も短縮できます。デザインソーラーパネルの表示面となる広告や案内板のデザインは自由な設定が可能であり、お客様の用途に応じてご選択いただけます。
 
導入ケース1:バス停

バス停

外国人旅行客の増加という背景もあり、全国各地の公共施設で無線LAN整備が進められています。特に駅や空港、バスターミナルといった交通拠点はインターネットの需要が大きく、早い段階でフリーWi-Fiなどのアクセス環境が取り入れられてきました。


一方、電源確保が難しい屋外のバス停留所では、無線LAN環境整備に電気工事や回線工事が必要となり、一か所の拠点に対して大きなコストが掛かってしまうため、導入が見送られているケースが多々あります。


デザインソーラーパネルは、無線LANアクセスポイントの独立電源として機能するため、工事費用の削減が可能です。また、表示面に時刻表や広告などを掲載することで「バス停サイン」や「ファニチャー」としても活用できます。
 
導入ケース2:避難場所

避難場所

災害時、電話が回線へのアクセス集中によりほとんど繋がらない状態となるのに対し、インターネットを介した情報収集やメール送受信などのサービスは通常時と同じように使用できます。しかし、停電が発生すると基地局や通信機器の電源が落ちてしまうため、インターネットへのアクセスも困難になります。


公共施設を中心とした規模の大きい避難所では、緊急時の通信インフラ確保に予備電源を備えるなど停電対策が進められています。一方で、防災機能公園や一時避難場所では予備電源の設備導入が難しいこともあり無線LAN環境整備の普及が遅れています。


こうした問題の解決として、デザインソーラーパネルが役立ちます。避難情報や誘導案内を施した表示板に通信機器を備え付けることで、無線LAN環境の整備が可能です。太陽光発電を利用するため、停電時でも機能します。
 
導入ケース3:観光地

観光地

観光は各種情報・サービスの提供や周辺施設のPRといった面からインターネットの需要が特に高い分野です。日本政府も「全国の観光地など約3万カ所に無料Wi-Fiスポットを設置する」という方針を掲げていますが、屋外の観光地は「電源確保」の問題から整備が遅れています。


電気工事が困難な場所では、太陽電池をはじめとした自然エネルギーを利用した「独自電力の整備」も行われています。観光スポットは景観の配慮が重視されるため、意匠性を重視したデザインソーラーパネルの特徴が生かされます。
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル ソリューション
のご提案

無線LANアクセスポイント
無線LANスポット
セキュリティカメラ
セキュリティカメラ
見守りシステム
見守りシステム
情報発信
情報発信
遭難防止システム
遭難防止システム
データ収集
データ収集
人感センサー
人感センサー
感震センサー
感震センサー

ソーラー式屋外無線LANアクセスポイント
に関するお問い合わせ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

 

↑このページの先頭へ