エコフューチャー株式会社


↑このページの先頭へ
 

デザインソーラーパネルによる脱炭素の取組み(CO2削減)

※画像をクリックしていただくと動画が再生されます

 

目次

 
デザインソーラーパネルと脱炭素化

デザインソーラーパネルは再生可能エネルギーである「太陽光発電」を活用して電力を生成します。電力消費(照明点灯など)において二酸化炭素の排出が発生しないため、ゼロエネルギー化の取り組みに役立ちます。

CO2の削減量

型番:S10040(例)

型番:S10040(例)
  • 使用時間:12時間点灯/日

  • 年間消費電力:約790kWh(※外照看板との比較値)

  • CO2消費量:約360kg/年

  • 10台あたりでは約3.6t/年を削減可

  • スギの木255本が1年間に吸収するCO2と同量

電気工事

電気工事
  • 電気引き込み、配線工事など

  • CO2消費量:約50kg/台(※環境により異なります)

  • 10台あたりでは約500kgを削減可

  • スギの木35本が1年間に吸収するCO2と同量

クリーンエネルギーの活用

クリーンエネルギーの活用

広がる脱炭素化

脱炭素とは地球温暖化に繋がる「温室効果ガス」の排出を全体としてゼロにするための取り組みのことをいいます。日本では「2050年までに脱炭素社会を実現する」という目標を設定しており、行政・企業・個人など国全体としての取り組みが加速しています。

 

環境への意識

地球の温暖化が進行することにより気候変動や災害の増加はもちろん動植物の生態系にも大きな影響を与えると予測されています。将来の自然や人を含む動植物への影響を最小限に抑えるため「脱炭素」の取り組みが急務とされています。

 

ライフスタイルの変化

環境省が提唱している「COOL CHOICE」では、省エネ・低炭素製品の購買行動や公共交通の利用、シェアリング・エコドライブといったライフスタイルが挙げられています。消費者としての目線から脱炭素に向き合うことによりエコを意識した買い物や省エネ行動が行われています。

デザインソーラーパネル
に関するお問い合わせ

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ