エコフューチャー株式会社


 

ビーコンとは

 
目次

 
ビーコンとは

「ビーコン」とは、無線局などから発信される電波を受信器でキャッチし、位置情報や各種デジタルデータを取得するための電子通信機器をいいます。主に、無線LAN・赤外線・Bluetoothといった通信手段が用いられています。小型・低消費電力という特徴があり、製品に内蔵したり衣類に取り付けるなど、活用の幅が広がっています。

ビーコンの機能

ビーコンの機能

位置情報の取得
 
データおよび情報の通知
 
行動履歴
↑このページの先頭へ

GPSとの違い

ビーコンは相互通信を行う機能をもたず、発信側が定めた情報を受信側に伝達する技術に特化しています。従来、ビーコンは主に、道路交通・航空・船舶といった交通用途の位置情報を発受信して、現在地の確認や交通誘導を行うために用いられていました。


例えば、自動車における用途の場合、カーナビゲーションや道路交通情報通信システムに組み込まれており、渋滞状況や通行止めなどの情報をキャッチすることが可能です。


位置情報を取得する機器として、よく似たものに「GPS」があります。ビーコンとGPSの違いは、情報の送受信が可能な「範囲」にあります。ビーコンは、比較的狭い範囲内でしか通信ができないものの、室内/屋外を問わず使用することが可能です。


一方のGPSは、人工衛星にて測位するため広範囲の通信が可能となりますが、電波が遮断される屋内・地下などでは使用することができません。

↑このページの先頭へ

iBeacon(アイビーコン)の普及

ビーコンとGPSの違い

 

iBeacon(アイビーコン)

2013年にApple社が「iBeacon」を発表し、モバイル機器やスマートフォンなどのデバイスで情報を受信できるサービスが誕生しました。Bluetoothの通信技術が搭載されており、位置情報や各種データの送受信を実現したことで注目を集めました。


例えば、スマートフォンのアプリと連動し、カメラを用いたナビゲーションや標識/看板から注意事項およびお得な情報を受信するクーポン機能、お年寄りの行動追跡、小さい子供やペットの見守りシステムなどに応用できます。


ビーコンはサイズが小さく、低消費電力で稼働する特徴があることから、単体での使用だけでなく、衣類やタグといった様々なアイテムとの連携によるサービスの多様化が期待されています。

 

iBeaconの普及

iBeaconは位置測定を「遠い」「近い」「非常に近い」の3段階で把握することができ、それぞれのポジション別に設定した異なる情報を発信できます。


ターゲットを定めてプッシュ通知を行うことに長けています。例えば、店舗内での「商品PR」や「在庫確認」、店舗外における「広告誘導」や「クーポンの配布」など、新たな形のマーケティングに繋がるとして注目を集めています。


iBeaconを使用するためには、専用アプリの導入やBluetoothの起動など特定の条件が必要となります。使用のハードルはありますが、新しいサービスの展開やショッピングスタイルなど、ユーザーの利便性向上に繋がるビジネスチャンスが多く、今後の普及が期待されています。

↑このページの先頭へ

ビーコンの用途

具体的な用途

ビーコンは多くの分野で普及が進められていますが、その具体的な価値は「情報の可視化」にあるとされています。BtoCだけでなく、BtoBの分野でもアイデア次第で質の高いサービスを生み出すことが可能です。

ショッピング
 
工場
 
ナビゲーション
 
遭難防止
↑このページの先頭へ

メニュー

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

ビーコンに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ