エコフューチャー株式会社


 

標識とIoT

標識とIoT

 
目次

 
データ収集とソリューションへの活用

「標識」には、道路標識・警戒標識・案内標識・補助標識といった多くの種類が存在します。そのどれもが単独で指示/案内を示し、その場だけで完結している情報です。しかし、今後「IoT」の展開によってネットワークに接続することが可能となれば、膨大な量のデータ収集とソリューションへの活用が実現します。このページでは、標識とIoTに関する詳細情報をご紹介しています。

標識とIoTの関係

標識とIoTの関係

標識とIoTは一見関連性が薄いように思われますが、標識が全国津々浦々に設置されている現状を考えれば、膨大な「一次データの取得源」として捉えることができます。交通をはじめ、安全、防犯などの分野で現状抱えている多くの問題に関して、情報収集が進むことにより、新しいソリューションに繋がると期待されています。

 
交通標識とネットワークの接続
 
防災標識とネットワークの接続
 
防犯標識とネットワークの接続
 
交通標識のITインフラ化
↑このページの先頭へ

標識から収集した情報のソリューション

標識のソリューション

標識から獲得できる一次情報は、交通をはじめとする「人々の行動パターン」の把握に役立つと考えられています。今後、事故の減少や災害時の避難対策にも応用が可能であるとして注目されている分野でもあります。

 
事故の予防
 
災害時の誘導
↑このページの先頭へ

IoT化の課題点

電源の確保

標識のIoT化は、今後の情報社会で理想的な整備だと考えられますが、一方で課題点もあります。主な課題に「電源」および「管理体制」が挙げられます。


一般的に多くの標識は屋外に設置されるため、IoTに必要な電力の確保が必須となります。近くに電源が備わっている場合は問題ありませんが、設置環境や権利関係によっては電源が使用できないケースも少なくありません。


一方、電力供給のために個々の標識に電気工事を施すと膨大な費用が発生してしまいます。現実的な電源確保の方法としては、小型発電機能の付加や蓄電池の技術発展といった分野が注目されています。

 

情報の管理

IoTにより収集したデータには、個人のプライバシー情報も数多く含まれています。当然のことながら機密性の高い情報となるため、セキュリティや管理体制を厳しくする必要があります。

↑このページの先頭へ

メニュー

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

標識とIoTに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ