エコフューチャー株式会社


 

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

 
目次

 
ネットワークカメラとは

ネットワークカメラとは、映像の撮影/配信およびレンズコントロールなどの動作をネットワークに接続した撮影機器をいいます。従来のカメラと異なり、外部のPC、モバイル機器、管理サーバーとの「インターネットを介した通信」に対応しており、遠隔地での映像チェックやデータ分析/解析処理を行うために用いられます。

ネットワークへの接続

ネットワークへの接続

カメラに固有のIPアドレスが割り当てられるため、ネットワークに直接接続することができます。ネットワークカメラは通信環境があれば単独での運営が可能であり、屋外においてもご活用いただけます。形状は筒型、ドーム型、箱型などがあり、サイズや撮影範囲、画質、消費電力などのスペックは製品により異なります。

ネットワークカメラの用途例
↑このページの先頭へ

センサーや解析ツールとの連携

センサーや解析ツールとの連携

 

正確な情報収集

ネットワークカメラは、センサー機器や解析ツールと組み合わせることにより、撮影した動画や撮影場所の環境を分析したり、解析結果に対応したレスポンスを返すなど、監視用途だけでなく情報収集ツールとして用いることも可能です。


例えば、交通環境の調査を実施する場合、従来では交通調査員などを派遣して手作業で調査を行っていました。ここにネットワークカメラと解析ツールを使用することで、撮影した映像から交通量を割り出して調査を自動化することができるようになります。

 
自動化のメリット

自動化により、人手によるミスの防止やコストの削減といったメリットの他、これまで困難だった場所・用途への適応も可能となります。各種データの収集を普遍化すれば、屋内外を問わず情報の有効活用および合理化を進めていくことができます。

↑このページの先頭へ

ネットワークカメラの普及と問題点

ネットワークカメラの普及と問題点

 

屋外での使用と課題

セキュリティや情報収集など、カメラが屋外に設置されているケースは多々あり、今後IoTサービスの普及が進むことでそのニーズはより高まると予想されます。例えば、活火山の観測や水害発生時の河川の状況確認など、危険な地域であっても遠隔から情報を得られる点において、安全面でのメリットは計り知れない効果があります。


一方、屋外への導入で障壁となりやすい点が「電源確保」に関する問題です。室内と異なり、電源の範囲が限定される屋外環境で「カメラ」および「通信機器」の消費電力を確保するには、電気工事や発電機が必要となるケースが少なくありません。これには大きなコストが掛かりがちであり、多数の導入を施す場合には障壁となります。


屋外でも電柱付近など電力を確保しやすい場所もありますが、この場合には設置場所が限られてしまうといった課題があります。

 
新しい技術による電力確保
そこで、現在多くなっているのが「ソーラーパネル」による発電を利用したシステムの導入です。太陽光発電であれば、独立した形での導入・運営が可能となります。しかし、この方法も動作が不安定になるリスクや設置場所の景観を阻害するといった技術面での問題を抱えています。

カメラ本体の性能、バッテリーの蓄電量、自然エネルギーの活用など、発展の可能性が高い分野であるため、電源問題を解決するためのソリューションが期待されています。
 
カメラ設置のプライバシー問題

カメラの普及と共に問題視される点が、個人情報です。公共の場所にカメラを取り付ける場合、撮影対象者が一般人となることから、プライバシーの保護に気を付ける必要が生じます。具体的には、記録映像の管理およびセキュリティを徹底したり、カメラ設置の目的を告知するステッカーなどを併せて表示するといった対策が挙げられます。

↑このページの先頭へ

メニュー

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

ネットワークカメラに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ