エコフューチャー株式会社


 

看板とIoT

看板とIoT

 
目次

 
看板が果たす役割の変化

IoT(モノのインターネット)の潮流は、これまで静的な情報発信ツールであった看板分野でも大きく進められています。特に、デジタルサイネージの出現以降、看板が果たす役割は単なる「広告宣伝媒体」から「動的なコミュニケーションツール」へと変化を遂げつつあります。このページでは、IoTの進展により看板が果たす役割の変化について詳しくご紹介しています。

看板のネットワーク接続と展開

看板・サインの無線LANスポット化

IoTの技術を看板に搭載するためには、ネットワークに接続するための「通信機能」が不可欠となります。現在の設備では、看板自体に通信装置を内蔵したり、スモール基地局装置を組み込んで「無線通信に接続する環境」を作り出す、といった方法が採用されています。看板をネットワークに接続することにより、様々な機能の付加が実現します。

 
発信情報の柔軟な切り替え
 
無線LANスポットの環境整備
 
カメラ・センサーの搭載
 
看板から発信する電子情報
↑このページの先頭へ

看板によるマーケティングリサーチ

看板・サインによるマーケティングリサーチ

看板が自らの機能として、誘導した見込み客や動員した顧客の数を把握できるようになれば、人々がどのような商品/サービスに関心を示すのか、または、どのようなPRが効果的なのかといった情報を取得できます。こうした情報の活用ができれば、広告マーケティングは大きく形を変えていくことが予想されます。

 
情報の提供とデータ収集
看板は本来、広告などの宣伝を行うツールですが、同時に看板を見た人々(見込み客)のデータを収集できれば、インターネットと同じような顧客解析を実現できます。多数の情報を取得するための環境を整備し、ビッグデータを有効活用することが看板の広告競争を優位に導くと予想されています。
↑このページの先頭へ

メニュー

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

看板とIoTに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ