エコフューチャー株式会社


 

照明とIoT

照明

 
目次

 
照明とIoT

「照明」は広く知られている通り、光を照らして視界を明るくする製品・技術です。屋内外を問わず人の生活圏において至るところに設置されている照明ですが、IoTの発展により、光の照射だけでなく多様なサービスの展開が進められています。このページでは、照明とIoTの関係および用途について詳しくご紹介しています。

照明の使われ方

照明の使われ方

照明は、人の生活において欠かすことができない技術です。夜間や暗い場所を明るく照らすだけでなく、食べ物を美味しそうに見せたり、エンターテイメントの演出、交通信号、ネオンサインなど、様々な用途で用いられています。


従来より、照明技術は「光を照らす」作用によって人々の暮らしを便利に支えてきました。もはや照明を使用しない生活は考えられないというほど身近となっています。そうした中、照明の使われ方に関しては、IoTの発展により、更なる機能性や付加価値が生み出されています。

↑このページの先頭へ

スマート電球

スマート電球

 

スマート電球とは

照明にIoTの技術が加えられた製品として、まず挙げられるものが「スマート電球」です。その名前の通り「電球」であるため、基本的には従来と同じように周囲を明るく照らし出すという役割をもっています。


スマート電球が今までの電球と異なる点は、人のライフスタイルに合わせて照明のコントロールが可能な部分にあります。例えば、ネットワークに繋げることでスマートフォンから照明のON/OFF操作や調光が可能となります。


具体的には、遠隔操作により誰もいない部屋に明かりを灯すことで防犯性を向上したり、留守番中のペットがいる部屋を明るく照らしてあげるなどのコントロールを実現しています。また、製品によっては、音楽と連動した光色の変化やスピーカーを内蔵した音響サービスも提供されています。

 
照明による見守りシステム

別の視点からは、照明の点灯を検知することによる「見守り」のシステム化が進んでいます。例えば、一人暮らしの高齢者の自宅にスマート電球を取り付け、トイレや洗面所などを利用した際の照明点灯を検知し、遠方に住む家族に情報を知らせるといった方法です。1日の間に1度も照明の検知が無ければ、何かが起こったと予想でき、早期の行動に移すことが可能となります。

↑このページの先頭へ

スマート街路灯

スマート街路灯

 

スマート街路灯とは

スマート街路灯は、街路灯にIoT技術を組み合わせた製品です。機能面よりも管理コストの削減といった「合理化」が進められる傾向にあります。例えば、電球の消耗具合や電球切れの状態をセンターでまとめて管理し、部品交換・メンテナンスの効率化に繋げています。


あるいは、街路灯付近の交通量および交通パターン(時間帯/曜日など)の情報を蓄積することで、照明の明るさをコントロールし、リアルタイムでの節電の実施を行います。実際に、イギリスでは一部市街地での実証実験により電気代の維持管理コスト削減に成功し、年間約2億円のコストカットを実現しています。

 
センサーの設置

照明以外の分野では、街中の至る所に設置されているという特徴を生かし、センサーを併設しているスマート街路灯もあります。センサーの種類にも依りますが、排気ガスの量や有害物質の検知を行い、クリーンな街づくりに役立てるプランなどが計画されています。

↑このページの先頭へ

照明とIoT - まとめ

- 照明の役割の変化 -

IoT技術の付加により、照明は単に周囲を明るく照らし出すだけの存在ではなくなっていくことが予測されます。上記のような、自宅や街路の監視、高齢者や子供の見守り、省エネ化を進める取り組み、新しい都市開発など、従来には無かった役割を担う可能性を秘めています。

- 照明の利点 -

これらは、家・オフィス・街中といった人の暮らす場所と密接に関わりのある「照明」だからこそ実現できる要素をもっていると考えられます。今後、照明機器に新しい役割や価値が生まれ、新しい市場が開けていくと予測されています。

メニュー

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

照明とIoTに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ