エコフューチャー株式会社


 

看板からの情報収集

 
目次

 
次世代看板が行う情報収集の機能性

通常、「看板」は広告宣伝などの情報を発信するツールとして用いられます。古くから変わらずに役割を果たしてきた看板ですが、センサーや通信環境などの整備が進んだ現在では、単なる宣伝だけの用途に留まらなくなっています。このページでは、次世代看板が行う情報収集の機能性についてご紹介しています。

看板による情報収集の方法

看板による情報収集の方法

看板を「情報収集ツール」として扱うことができれば、収集したデータを活用し、新しいマーケティングが展開できます。看板を掲げるにあたっての大きな目的は、より多くの人に商品/サービスを認知してもらうことです。ビッグデータの活用は、広告看板の効率や費用対効果の算出にも大きな影響を及ぼすと考えられています。

 
センサーを用いた情報収集
 
電子看板の利用
 
カメラを用いた情報収集
↑このページの先頭へ

集めた情報を利用した看板ソリューション

集めた情報を利用したソリューション

看板から収集した膨大なデータをどのように新しい商品開発やサービスに導いていくか、という課題が次のステップとなります。顧客の抱える問題および潜在的なニーズを解決するソリューションにデータを有効活用できれば、より高い付加価値を生み出すことが可能です。

 
看板の費用対効果を数値で裏付け
 
デジタル情報の発信
 
電子情報の発信機器
↑このページの先頭へ

看板からの情報収集 - まとめ

- 看板による宣伝 -

従来、看板は静的な宣伝ツールとしてPRに欠かせない役割を担ってきました。現在でも看板の用途は多岐に渡り、様々な場面で重宝されています。一方、デジタル化やIoTの技術発展が進むにつれて、その役割は徐々に拡大を見せています。

- 看板の付随情報 -

中でも特に重要なポイントが「看板に付随する情報」です。主に、広告宣伝の効率化にあたって必要不可欠となる交通量や顧客に関する情報ですが、これまでは入手方法において電源面や通信面の制限があり困難だとされてきました。

- これからの情報収集 -

上記のように環境が整備された現状では、情報収集が看板マーケティングの中核を担い、データの活用で成功の差が生まれると言っても過言ではありません。看板を用いた情報収集は直接的な手法であり、注目が集まっている分野でもあります。
↑このページの先頭へ

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

看板からの情報収集に関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ