エコフューチャー株式会社


 

スポーツイベントとサイン

スポーツイベント

 
目次

 
スポーツイベントの開催

日本では、2019年のラグビーワールドカップや2021年の東京オリンピック・パラリンピックなど、大規模なスポーツイベントが開催されます。海外から外国人観光客が多数訪日することが予想され、そのための整備が進められています。このページでは、スポーツイベント開催におけるサインの役割について詳しくご紹介しています。

宿泊施設・交通機関・競技施設などの整備

宿泊施設・交通機関・競技施設などの整備

 

観光客の宿泊施設不足
 
民泊とその問題
 
インフラ整備
 
屋外用の通信設備(無線LANアクセスポイント)の普及
 
屋外用通信設備の課題
↑このページの先頭へ

スポーツイベントに関連するサイン

スポーツイベントに関するサイン整備

スロープ標識

通常、大規模なイベントが開催される際は、競技場(スタジアム)や周辺地域の整備・開発が行われます。ユーザーの利便性を向上し地域や技術の魅力を発信する場として、各々のテーマに沿った整備が施されます。その中で、サイン類は「付随物」として施設整備の補助的な役割を果たすために導入が進められます。

 

規律やルールを示すためのサイン
 
用途や目的を示すためのサイン
 
安全や注意を示すためのサイン
↑このページの先頭へ

スポーツイベントにおける防災設備や避難場所の設定

防災設備や避難場所の設定

 

防災プランの策定

地震や風水害などの自然災害に対し、外国人観光客やビジターでも素早く避難ができるよう、各自治体で防災プランが策定されています。防災プランは人々の安心・安全を第一に考え、誰にでもわかりやすい避難計画や避難方法を提示することが求められます。


特に、外国人観光客は日本語での意思疎通が困難となるため、災害弱者になりやすいと言えます。外国人向けの避難計画や避難場所情報は、観光情報と併せて供給することが理想です。多くの人の目に触れやすいパンフレットなどの媒体が有効です。

 
外国語の表記

緊急時の指示・案内をより多くの人に伝達するため、日本語のみならず外国語の表記が必要となります。高齢者や障害者も含め、こうした災害弱者が緊急時にいかに安全に避難できるかという点が今後の防災計画における大きなテーマとなります。

↑このページの先頭へ

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

スポーツイベントに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ