エコフューチャー株式会社


↑このページの先頭へ
 

DSPソリューション【パークマネジメント】

目次

 
デザインソーラーパネルとパークマネジメント

デザインソーラーパネルとパークマネジメント

  • 太陽電池を内蔵した表示板【デザインソーラーパネル】を用いたパークマネジメントシステム(公園管理)です

  • 表示板を電力の供給源として活用し、管理の効率化に必要なデータの収集や電子機器の稼働を行います

  • 公園の景観や環境面に悪影響を与えることなく自然でクリーンな導入を実現します

 
デザインソーラーパネルの仕組み

発電構造
電力供給
  • 看板や標識などの表示板に太陽電池を内蔵した構造を備えており「電力の供給源」として活用できます

  • 生成したエネルギーでセンサーや通信機器を動作し、各種データの収集を行います

  • 公園内の設備、植物、人の動きなどから情報を取得し、効率的な公園管理や新しいサービスの展開を行います

 

デザインソーラーパネルとは
 

詳細情報と資料のダウンロード

メリット一覧
資料のダウンロード
お問い合わせ
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 

データ収集のツール

データ収集用ツール

 

IoTの発展と情報収集

「モノのインターネット」と呼ばれるIoT/M2Mの発展により、身の回りにある家電・不動産・自動車・インフラ設備などのあらゆる製品にセンサーや通信機器が備え付けられ新しいサービスが生み出されています。特に、インターネットを介してのデータ解析および管理、自動化には急速な発展が見られます。


データの収集から運用まで一連のシステムを構築するためには「センシング(情報収集)」「通信」「管理(フィードバック)」といった工程が必要不可欠となります。センサーにより一次情報を取得し、ネットワークを介して情報を集積し、商品やサービスとして運用するための分析・管理を行います。


今後普及するセンサーの数は1兆個以上になるといわれており、あらゆる分野でビッグデータの活用が一般的になると考えられます。一方で、屋外の場合に問題となるのが「電源」です。センサー自体は低消費電力のものが多く小型の電池で動作しますが、収集したデータをネットワークに送るための通信機器などに電力が必要となります。

 

デザインソーラーパネルとの組み合わせ

太陽電池を表示板に内蔵することにより公園における景観の保護に配慮しています。標識や看板に情報収集機能を備えることで、あらゆる場所でのセンシングを実現します。災害や事故による停電時においても蓄電した電力で動作が可能です。

パークマネジメントの用途例

パークマネジメントの用途例

パークマネジメントの活用用途は幅広く存在します。その中でも、主な機能として「公園の安全利用」「災害時の活用」「コミュニティの活性化」が挙げられます。それぞれ以下のような活用の価値を備えています。

 

公園の安全利用
公園の安全利用
  • 公園内の遊具や植物は安全面・景観への配慮から定期的なメンテナンスが必要となりますが、公園の規模や機能が拡大するほど業務の幅も広がっていくため、1つの業種では対応が困難となりコスト増の原因となります

  • センシング技術の活用により遊具の老朽状態や植物の育成過程などを自動的に測定し、管理を一元化することで適切なタイミングでのメンテナンスが可能となります

災害時の活用
災害時の活用
  • 通信環境の構築や収容人数の把握などを行うことにより災害が発生した際の防災機能を整備できます

  • 非常用電源や発電システムなどの運用に問題がないかどうかを定期的にチェックするセルフメンテナンスを行うことも可能です

コミュニティの活性化
コミュニティの活性化
  • 公園内での運動測定・健康管理・住民参加イベント発信などを行うことで、地域住民の健康促進や集まりの場所を提供します。

  • 誰もが使いやすく効用を受けられるサービスを展開することで地域社会に欠かせない場所として公共的な価値の向上が期待できます

デザインソーラーパネル ソリューションのご提案

無線LAN
無線LANスポット
セキュリティカメラ
セキュリティカメラ
見守りシステム
見守りシステム
情報発信
情報発信
遭難防止システム
遭難防止システム
パークマネジメント
パークマネジメント
人感センサー
人感センサー
感震センサー
感震センサー

IoTパークマネジメントに関するお問い合わせ

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ